今年のスローガン!! ムー大陸は、浮上して、アメリカ大陸と名前が変わった事を知ってもらう

地球温暖化現象 第 23話 地球の内部構造 3 地磁気の謎

地球の内部構造 3 地磁気の謎
下記の記事は出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』です

a0135700_11223248.gif




地表で観測される磁場は、その大部分が、地球のコアに流れる電流に起因する。コアは金属鉄を主成分としており、電気伝導度が比較的高い。コアに一様に電流が流れると仮定すると、地磁気の双極子モーメントから予想される電流の強さは数 10億 アンペアにも達する。ただしコアは半径が 3,500 キロメートル弱と、地球半径の半分以上も占めており、きわめて巨大であるため、電流密度にすれば 1 平方メートルあたり数ミリアンペア程度である。

その他の原因としては、地殻が磁化していること、電離層に流れる電流、地殻やマントル、海水などに流れる電流、などがあげられるが、これらの寄与は一般には小さい。なお地球の深部は高温のため、鉄を含め、多くの強磁性鉱物はキュリー点を超えてしまい磁化を失う。したがって強く磁化しているのは地球のごく表層だけである。地球は大きな電磁石であるといえる。


span style="line-height: 1.2;">現在の物理学の限界がある、特に、日本の物理学協会は分野別に細分化し過ぎている。
もちろん”いい部分もある。それそれが発達をとげる。
しかし、物が大きくなるとそうはいかない!”
まして、地球となると、物理学のすべてだ。
アルキメデスから量子学までこれらの物理学を合わせてもまだ足りない
未発見の電流もあるからだ・・
工事中

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

私のもう一つのブログ・・
http://blog.goo.ne.jp/gakusya_x/
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-26 11:25
<< 誰にでもわかる地球温暖化現象 ... 地球の内部構造 NO2 >>



古の昔に沈んだ大陸ムーは、再び”浮上"していた。その名はアメリカ大陸という!そして、また、沈下する日が近づいてきた!ノアの洪水が襲ってくる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
以前の記事
タグ
メモ帳
ライフログ
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧