今年のスローガン!! ムー大陸は、浮上して、アメリカ大陸と名前が変わった事を知ってもらう

タグ:温暖化 ( 13 ) タグの人気記事

海中温度の上昇


温暖化で海洋内部の水温も長期的に上昇

2012年2月15日 12時11分


 地球温暖化に伴って、水深700メートルまでの海水温が、世界全体平均で10年あたり0.02度のペースで上昇していることが、気象庁の解析で明らかとなった。海面水温についてはこれまでも解析しているが、海の深い部分まで対象としたのは初めて。今後も引き続き監視・解析していく。

 気象庁や国内外の観測船などによる1950年から2011年までの、水深700メートルまでの海水温のデータを解析した。その結果、年ごとに上昇・下降を繰り返しつつも長期的に上昇傾向にあり、そのペースは10年あたり0.020±0.003度の上昇率だった。特に90年代半ばから2000年代初めにかけての昇温が大きく、その後も水温の高い傾向は続いているという。

 こうした現象は、地球温暖化の進行に伴って増加した地球全体の熱量の半分以上が海洋内部に蓄えられ、そのために水温が上昇していると考えられる。ちなみに海面での水温は10年間で約0.07度の上昇率だ。

※この記事は サイエンスポータル で配信された記事の転載です。


応援よろしく
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
 温暖化の原因は、海中にあり
a0135700_145782.gif

やっぱり、にらんだとおり、間違いない”
エルニーニョ現象は、「風呂沸かし現象」に間違いない
何度も言ううが””
エルニーニョ現象は、会見火山の噴火口の上にある
私が、総理大臣ならば、調査隊をだす
カリフォルニアからペルー沖までの海底調査をしするだろう
[PR]
by tetu-jinn | 2012-02-15 14:57 | 温暖化を止めよう

真実を見つける目を持ってくれ” 物理を学ぶ者たちよ!!

応援よろしく
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
温暖化で日本は豪雪? 北極の氷と関係

2012年2月1日 18時43分 (2012年2月1日 19時16分 更新)

a0135700_9315536.jpg


 住宅の屋根に積もった雪を下ろす男性=1日午後、新潟県十日町市

 地球温暖化などに伴って北極海の氷が少なくなると、低気圧の進路が変わって日本近くに寒気が入りやすくなり、時として豪雪を引き起こすことを突き止めたと、海洋研究開発機構のチームが1日発表した。今年の冬もこうした気象条件にあり、チームは「進行する温暖化にもかかわらず最近の日本の冬が寒い原因の一つかもしれない」としている。チームは過去30年のデータを分析。

 
原因を突き止めた?? あ~~原因の一つか””
だったら”何とかしろ?

出来ないのなら、原因を突き止めたと、思ったよ?

良くある誤解だ!!
知ってるつもり
原因を突き止めたつもり
出来たつもり
仕事をしてるつもり

その割りに”世間が理解してくれない””
良くある"事だ!
温暖化の原因は、別にある!!
進路が変わったのは、要因であり、現象だ” 原因じゃない

物理を学ぶ人たちよ””真実の目を持ってくれ
温暖化の原因は、万有引力だって事を!!

[PR]
by tetu-jinn | 2012-02-02 09:38 | 温暖化を止めよう

温暖化は、確実に進んでいる

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

a0135700_10271735.jpg

日本は寒いね~~”12月だから当たり前だ!

去年と同じように寒いと、

「温暖化はどこに行った」とおもうよね~~

でも”確実に、進んでる。

地球を一人の人間に例えると、病気にかかるには、必ず2前兆がある。

風が、万病の元と言うように”弱いところに出る!

弱いところ、それが南極と北極圏だ”

ここに”氷がある。 氷は地球の冷房装置だ。

その冷房装置が働きだした。

氷が溶け出してきたが、氷はたっぷりある。

だから、10年”20年ではどおってことは有るまい!

 それでも、とめる方法は見つけなくては、孫が困る””

子孫が絶える。



みんなで”考えよう
[PR]
by tetu-jinn | 2011-12-20 20:46 | 人間の能力と才能

温暖化対策は、温暖化を止める事とは別のものだ

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
モンゴルの首都ウランバートルを“氷河”で冷やすという、画期的な温暖化対策が進められている。

 夏の熱波に襲われる首都を、冬季に張る河川の氷でクールダウンするというものだ。氷の厚さは最大で7メートルあり、モンゴルやロシアでは「ナレド(naled)」と呼ばれる。

 ナレドは、気温が非常に低い地域の流れが速い河川など、特殊な条件下で形成される。川を覆う氷の下を流れる水が割れ目を通って上昇、夜間に表層で凍りつき、やがて分厚い“氷河”になるのである。氷の層が幾重にも積み重なっており、通常は夏季に溶けてしまうが、十分な厚さがある場合は溶けずに残る場合があるという。

 現在モンゴルでは、多くの遊牧民がステップを離れて都市部に移動している。気候変動による気温上昇に伴い、家畜用の餌の供給元である草原地帯が干上がっていることが主な原因だ。平均気温は60年間で1.9度も上昇しており、地球全体の平均と比べ3倍の速度で温暖化が進んでいる。

 そこで立ち上がったのが、イギリスとモンゴルのジョイントベンチャー企業「EMI-ECOS Consortium」。英「Guardian」紙の11月の報道によると、同社は間もなく10億トゥグルグ(約6000万円)を投じて巨大な人工ナレドを作り、住民が増え続けているウランバートルを“冷やす”計画を進めるという。

◆“氷河”で都市部を冷やす

 まず、モンゴルを代表する河川トール川の氷に穴を開け、その下を流れる水を表層に汲み上げる。夜間は水が表面で固まり、より厚く溶けにくいナレドができるまで何度も繰り返す。

 この氷を利用して近郊のウランバートルを冷却すれば、局所的な地球温暖化対策、ひいては都市部のヒートアイランド(都市部の気温が郊外部に比べて高くなる現象)対策につながるという算段である。

 EMI-ECOS Consortiumの代表研究者を務める地質学者ロビン・グレイソン氏は2010年、「都市部のヒートアイランド現象を食い止める冷却装置」と、モンゴルの「World Placer」誌でアイデアを披露している。局所的に気温の調整を図る微気候に焦点を当てた技術だが、地球全体の気温をターゲットにした地球工学的アプローチとも相通ずる部分がある。

◆効果は狭い?

 しかし、ナレドにウランバートル全体をカバーする十分な大気冷却効果があるかについては、疑問を持つ専門家もいる。ナレドの上は確かに気温が低いが、冷却効果は狭い範囲に留まる傾向がある。

「冷たい風を生み、周辺の気温を下げるだろう。しかし大規模な氷河でも、最大で500メートルの範囲が限度だ」と、オーストリアの気象地球力学中央研究所に所属する気象と氷河の専門家マーク・オレフス(Marc Olefs)氏は指摘する。

 ウランバートルの気温を下げるためには、冷たい風が都市部に到達するよう、ナレドを適切な場所に配置しなければならない。

「氷層を巨大化させるこの方法は、おそらく前例のない試みとなる」とオレフス氏は付け加える。「河川に張る氷に手を加えて気候変動対策を行うというアイデアは、聞いたことがない」。

◆考えられるデメリット

 溶けたナレドから冷たい水を汲み上げ、都市部に送るという手も考えられる。スウェーデンでは、貯蔵した雪を利用する類似の方法が既に実施されているという。「だが多額の資金が必要になるので、経済的に困難なモンゴルのような国では実現が難しいだろう」とオレフス氏は言う。

「この計画は地球工学的な他のアプローチと共通する面もある。しかし、このような気候変動対策の多くはデメリットを伴う」と、カナダのコンコルディア大学に所属するヒートアイランド現象の専門家ハシェム・アクバリ(Hashem Akbari)氏は述べる。

a0135700_14411124.jpg
 例えば、なかなか溶けない分厚い氷が形成されて、河川の生態系や下流域への水供給に影響を与える可能性を指摘する声もある

ナショナルジオグラフィック ニュース からの抜粋です
モンゴルは温暖化が顕著らしく、気温が、1.9度も上がってるらしい
そこで、氷河の氷で、首都のウランバートルを、夏場の冷却装置として、考えれるらしい””

でもま~~対策であって、解決策ではない””
確かに、気温が下がれば、夏場は過ごしやすくなるが、だ、
物事はよい事だけではない。この氷を溶かせば、また別の氷が解ける。
つまり、解ける、氷が増えて、水かさが増える。
 わかるかな~~冬場の氷が出来る量は一定で、溶かす量が増えれば、氷河は減る一方だ
洪水は増え”温暖化は止められない!!

首都のウランバートルが、夏場は、しのぎやすくなる
時間がたって、氷がなくなったとき、もう人が住めなくなる””
夏場の過ごしやすさより、温暖化を止めるために、資金を出そうよ””

温暖化の謎を解いたものに、賞金を出すと””

[PR]
by tetu-jinn | 2011-12-13 14:45

やっぱり!!

Excite エキサイト : 政治ニュース

政治資金に管理を引き受け、危ない橋を渡った石川議員、
起訴され!犯罪者の烙印にも、かかわらず!辞職しない!!
「今度は、私を守ってくれ!!親分!小沢一郎君!」と
心の中で叫んでいる・・・声が聞こえる

政治家を入れ替える時が来たが・・・風が吹くか?
民主党に吹いたように!
エルニーニョとは神の子・・主イエスが復活する・・
3月30日が復活祭・・この日に出て行くのかも!
日本の誇る「深海調査船」よエルニーニョを探せ!

不景気対策よりも、温暖化による人的被害が大きくなっていく、
従来の、現在の国会議員及び落選議員をも含めて、こいつらが統制んできぬ
システムを創る必要がある。
温暖化はCO2ではなく、自然の摂理で、地球の生体リズムだ!!

「エルニーニョは風呂沸かし現象だ!!
a0135700_23422943.jpg


応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2010-02-08 07:28

小沢一郎を殺すにゃ刃物はいらぬ!!

Excite エキサイト : 政治ニュース
a0135700_2349044.gif

  「風が吹けば、おけ屋が儲かる」・・こんな理論がある。
強い風が、吹くと礫(つぶて)が飛んでくる。
これが、人の目に入り、盲目になる。
盲目が増えれば、三味線弾きが増える。
三味線の作るために、猫の皮が必要になり
猫が減る。
天敵が減れば、ネズミの天下になりネズミが増える
そのネズミが桶をかじる。
桶は、使い物に成らなくなるので
おけ屋に注文が増えて、儲かる・・・という話だ!!

そこで、この伝でいくとこうなる!
小沢一郎を殺すには刃物はいらぬ!
エルニーニョ調査隊を出せばよい!
調査隊は、エルニーニョの幽霊の正体を捕まえてくる
温暖化の正体は、地球の内部の高熱が噴出していたと
カリホルニアからペルー沖まで海底火山が数万キロに
わたって並んでいたと・・それが、一斉に噴火してると
「エルニーニョは風呂沸かし現象だったと、
マグマが噴出し、海底の水温と熱交換をし、温められた海水が
対流を起こし、海面の温度を上げていると」報告が入る
日本の国民はもとより、世界の人類に報告が上がる。
現在の政治家では、手が打てない!
温暖化の被害は、不況による被害をはるかに超える
ハイチの地震のように””国家が機能しなくなる!
日本もやがてハイチが見本になる・・

政治家を入れ替える時が来たが・・・風が吹くか?
民主党に吹いたように!
エルニーニョとは神の子・・主イエスが復活する・・
3月30日が復活祭・・この日に出て行くのかも!
日本の誇る「深海調査船」よエルニーニョを探せ!

不景気対策よりも、温暖化による人的被害が大きくなっていく、
従来の、現在の国会議員及び落選議員をも含めて、こいつらが統制んできぬ
システムを創る必要がある。
温暖化はCO2ではなく、自然の摂理で、地球の生体リズムだ!!

「エルニーニョは風呂沸かし現象だ!!
a0135700_23422943.jpg


応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2010-02-01 23:50

 ”鳩山総理大臣殿へ提案””


 拝啓 鳩山総理殿
    政策の提案を申し上げます。
 まずは、自民党からの政権奪取“おめでとうございます。
国民の期待を受けて、大変な事態でしょうががんばってください“”
そこで、大事な提案を行います。一国民の声に耳を傾けてください。
 総理は、就任あいさつで米国を訪問し、国連の挨拶で温暖化対策として、
CO2を1999年時点の25%を削減すると、宣言しましたね“”
これが、鳩山政権の政権たる所以でしょう!すばらしいと思います・・“
しかし、温暖化の真の原因が“CO2“でないとしたら、大変な労力の無駄が発生いたします。そこで、確認をしてほしいのです。温暖化の本当の原因を”“
 調査の場所と目的は、「エルニーニョ現象の解明を」・・・・・・
私には、温暖化は自然現象であり、地球の生体リズムだと考えています。
つまり、万有引力の圧力が・・ボイルシャルルの法則と数千年に渡り浴び続けた太陽光線で、地球が内部に熱を持ち、すでに、飽和状態になって地表に噴出していると、考えてます。人間の運動して体内が熱くなると“汗をかく“この地球の汗が溶岩だと思います。
そこで、エルニーニョと呼ばれる現象は、海底の火山が噴火してるものととらえています!
カリホルニアからペルー沖まで数万キロにわたって、火山群島が一斉に噴火してるものと思います。そこへ調査団を派遣してください“
 日本には優秀な観測隊が既にあります。それが!“南極観測隊です。
南極には、留守部隊を残し、本隊を観測船宗谷に乗せ、ペルー沖へ!
南極からペルー沖へ方向を変えるだけなら、法律を造るまでもないでしょう!
総理の命令だけでどうにもなるでしょう“”
12月に国連に出向いたときに、発表したらよいでしょう!
「日本の、国民の声が上がり、温暖化はCO2ではないと、検討の結果それもありうると結論に達し、閣議で検討した結果“調査隊を出すことに決定しました”つきまして“
その結果が明らかになるまで、CO2の削減と途上国への資金援助は“猶予“
願います。ただいま“調査隊を編成してるとこですので、年明け早々に”出発させます」・・・・・・・・・・・・・・



 
まだ早いのかね~~温暖化対策は、
議員を入れ替えるのは”
在日米軍を一兵残らず本国へ引き揚げさせる”
誰か”公約に入れてほしいね~~
一人ぐらいいないのか?そしたら!
私の1票入れてやる!!

私は一寸法師
針の刀で、チクリ、チクリ・
1票!お願いします。
ペコり”!  
応援ポチよろしく””
小さなことからこつこつと!!


応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-11-12 08:14

応援ぽち一票願います

Excite エキサイト : 政治ニュース

a0135700_17392825.jpg

 福島さ~~ん”厚生労働相の椅子に座って、何をするつもりだったの?
枡添さんが務まったから、彼に出来たから、「私だったら、もっとうまくするわ」・・てことかな
でも”大変よ!!彼は、タフだから、何を言われても厚顔無恥、筋金が入ってるから
一緒にしたら、痛い目に合うよ!
環境大臣が妥当な線だな、主義主張を、口をつぐむ条件だけだもんね
たった”数人の政党で大臣の椅子、誰が座るの?

ところで、環境大臣の椅子に座ったら、
エルニーニョの謎を解いて、手柄を立ててほしいね!
調査団をペルー沖へ派遣して、海底調査して”
海底火山が噴火してるのを確認して、世界に発表を!!
地球の温暖化は、CO2ではなかったと”
得る-ニーニョは
海水を風呂のように沸かしていると、
「証拠の品として、海底溶岩を持ち帰れ”」と命令して!!
応援ぽち一票願います

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-09-11 17:40

誰にでもわかる地球温暖化現象 第 29話 極の発見

a0135700_18453179.jpg

a0135700_18455625.jpg
a0135700_18473975.jpg


北極の氷と南極の氷が解け始めた。
年々”氷が薄くなって、面積が狭くなってきた。
温暖化も氷が残っている間は、人類は生きていけるが、
氷が溶けてしまうと、一気に気温が上昇する”
今”マスメディアの発達が、世界の片隅に居ても、情報はすべて手に入る
素晴らしい世界が開けている。
このメディアの方向を導くのに、骨が折れそう。



架空の話だが、可能性はある。

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-29 19:05

地球の内部構造 NO2

a0135700_72548.jpg


この図は、横軸に時間・
縦軸に温度計
曲線は温度の変化を示している。
氷河期と氷河期に挟まれた温暖期・・この間が束の間の平和
人類も縄文人も原人も恐竜も繁栄し、人口は増えに増えた・・
ところが、その繁栄も一瞬にして、滅亡の時間を迎えた。

長い時間をかけ、上がり続けた温度計が、あっという間に{0度}になった
さらに、地球の内部から、地下水が一斉にあふれ出し、
山からは、火山のマグマが一斉に爆発する。
作物は全滅して・・・枯れていく
動物は・・戦争をはじめる。
勝った者が負けた者も、肉を食い始める・・
ますます、種の滅亡は早まっていく・・・
しかし、人類は生き残った・・
現在を生きてる人間は、「ノア」の子孫である。
今また・・・「」叫び始めた、神が、地球が人間を殺そうとしてる。
この声が聞こえる者は船を造れ」と・・・・・・
 
a0135700_7143370.jpg


a0135700_7163122.jpg


地球の自転は核の回転による”・・・これが前ページの結論だったが。
今度は、地軸の変換と大陸移動と寒冷化が同時に、
一瞬に起こる地球のメカニズムを説明したい。
もちろん、すべてを信用しろと言ってるんじゃない。
そうかも”知れない!・・半信半疑・・これが一番いい!”
物理学は、賢い人が集まって検証する。
確かな理論にまで高めていく、そうすれば、子供たちに教えていける・・・・

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-23 07:24



古の昔に沈んだ大陸ムーは、再び”浮上"していた。その名はアメリカ大陸という!そして、また、沈下する日が近づいてきた!ノアの洪水が襲ってくる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
以前の記事
タグ
メモ帳
ライフログ
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧