今年のスローガン!! ムー大陸は、浮上して、アメリカ大陸と名前が変わった事を知ってもらう

<   2011年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

火山灰の

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
a0135700_14134032.jpg


湾岸戦争”とは誰が言った?
原因は、クエートを占領したイラクが悪い”
占領をやめて、ただちに引き揚げろと警告するも無視”
やがて”宣戦布告”対イラク戦が始まった”

やがて、イラク軍が、クエートから逃げ出した”
この時”油田を破壊したと伝わった”

真黒になった”水鳥が目に入る”
油にまみれた鳥の白い目が、
人間を恨む”心が痛む”

戦争の殺しあいの一方では、ボランティアが
油を落とし”水鳥を助けている!

石鹸の白い泡が風船のように風に揺れていた・・・・

この映像を見た時に「ピンと来た」
この油を落とすのに砂が使えないだろうかと・・
磨き砂と呼ばれる白い砂が有る・・
砂川奇勝公園私の住む近所にこの公園が有る
この公園は昔は遊園地だったらしいが、しっかり落ちぶれ
今は、造成地の一角の公園になり下がっている、この公園でむき出しに
なった白い砂が目に付つき、これを火山灰と誤解した”
 それで、確認をした。鹿児島の白洲研究所に送った
「この砂は、火山灰ですか?」と・・・
帰ってきたのは、ケイ素が主力の粘土だという”
そして、見本の火山灰が同封していた。

一次シラスと二次シラス・・・・

これが”私の運命の巡り合いだった
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-22 07:45 | ノーベル賞 自然科学

火山灰の研究  運命の巡り合い 一次シラスと二次シラス

応援ぽち一票願います

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
a0135700_19254814.jpg

二次シラス
a0135700_19282344.jpg

一次シラス
火山灰が二種類ある! ””ハット””気がついた!
「知らなかった” 火山灰が二種類あるなんて!!」誰もいない”
独り言が、思わず口を衝いて出てきた!!
なんで? 二種類有るの??

この事実は、日本人の98%の人は知らない事実だ
火山灰は火山灰だ。
全部が全部火山の噴火口から噴き出たものだ”
だから”火山灰の言葉で統一できる””
ところが”現実は二種類ある!
また”この謎を解かねばならない

この疑問が解けるまで、しばらく時間がかかった!!

そして、何度も”なんども”実験を繰り返した
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-21 07:19 | ノーベル賞 自然科学

火山灰の研究  第4話 湾岸戦争

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
a0135700_14134032.jpg


湾岸戦争”とは誰が言った?
原因は、クエートを占領したイラクが悪い”
占領をやめて、ただちに引き揚げろと警告するも無視”
やがて”宣戦布告”対イラク戦が始まった”

やがて、イラク軍が、クエートから逃げ出した”
この時”油田を破壊したと伝わった”

真黒になった”水鳥が目に入る”
油にまみれた鳥の白い目が、
人間を恨む”心が痛む”

戦争の殺しあいの一方では、ボランティアが
油を落とし”水鳥を助けている!

石鹸の白い泡が風船のように風に揺れていた・・・・

この映像を見た時に「ピンと来た」
この油を落とすのに砂が使えないだろうかと・・
磨き砂と呼ばれる白い砂が有る・・
砂川奇勝公園私の住む近所にこの公園が有る
この公園は昔は遊園地だったらしいが、しっかり落ちぶれ
今は、造成地の一角の公園になり下がっている、この公園でむき出しに
なった白い砂が目に付つき、これを火山灰と誤解した”
 それで、確認をした。鹿児島の白洲研究所に送った
「この砂は、火山灰ですか?」と・・・
帰ってきたのは、ケイ素が主力の粘土だという”
そして、見本の火山灰が同封していた。

一次シラスと二次シラス・・・・

これが”私の運命の巡り合いだった
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-20 09:15 | ノーベル賞 自然科学

火山灰の研究  第3話 湾岸戦争

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
a0135700_7591794.jpg

時は”風雲急を告げてきた”イラクと国際連合軍との戦いが始まろうとしてた
しかし、戦争を覚悟してた割にはイラクのフセイン”土壇場で怖気づいた”
私にそう見えた!
なぜ?
そう見たの?
フセインは誰と戦った?
アメリカ?しかし”連合軍50万の精鋭部隊に囲まれ”籠城”
しかし、籠城にもならん”一方的にやられぱなし””援軍はなし!
この戦争の原因は? 
フセインが、クエートに侵攻して、占領した。
これに、アメリカがかみついた!!
フセインの言い分は、クエーとはイラクの19番目の州だという!
ここで”うがった見方をすると”フセインの言い分は正しい”
クエートは、石油が豊富に生産されている
税金はない”小さな国に大きな収入”世界で一番豊かな国だ”
イラクのフセインは、忌々しかった”アラブの国の油をアメリカに取られて”
軍備を増強して”兵を鍛え”そして”占領した”
誤算は”アメリカの態度が思ったよりも強硬だった!
アメリカの大統領ブッシュを甘く見すぎた!!
 やがて”フセインが追い詰められていく”
彼が叫んだ「アッラ~~~~アッラ~~~」
この叫び”音が耳から入ると””体が震えてくる”
「ふ~~~~む!フセインが神を呼んでる”間違いない!!
 なぜ? アラ~の神が戦争をしろとでも、言ったのか、
 神が、人を殺せとでも言ったのか? 
 神が、人を殺せとは言わんだろう! 
それとも、宗教が”誤解される文章が有るからか?」
 間違いない””どこが?
コーランは翻訳文がないのだ”マホメットが翻訳を禁止してるからだ
そこで、聖書を読んでみた。
間違った文章を見つけに”そして見つけた
「神は”神に似せて人間を造った!」
この文章”間違いじゃない? 

「人間は”人間に”似せて神を造った」・・これが宗教じゃないの””

この姿が”仏像だ”” 宗教とは仏像である

とはいえ””「神様は居る」・・ただ”感じるだけだが

この世には”目に”見えない物がいっぱいある”

学問とは”正しい学問を積み重ねると「見えない物が見えるようになる」・・たぶん”

心も魂も”有るんですよね””

そして「力」も・・目に見えない””だけど”目の前で働いている!!

方向も!大きさも”形も目に見えないが、大きな力が”働いている
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-17 08:00 | ノーベル賞 自然科学

火山灰の研究  第2話

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
a0135700_8331892.jpg

男子”3日逢わねば”活目して見よ” という!!
三日有れば、人間は変わる”
 しかし、変わるには、変わるだけの下地が要る。 当たり前だ””
何にも努力も勉強もせずに、人が変われるはずがない””
長い苦労と、修行に学問の積み重ねが要る””
こういう風に言えば””さど”大変な事のように思えるが、
好きこそものの上手なれだ”” 苦労も”苦労をしてる者にはそれが当たり前”の事
普通に”生きていくだけ、この道しか見えないからだ””・・・
 だだ”したい事としなきゃならん事が”偶然に重なっただけだ!!

「働けど”働けど・・・じっと手を見る」・・・
俺の暮らしを豊かにするには、脳みそを鍛えるしかない””決心をして
もう勉強を、始めた””・・・4か月過ぎたころから脳に異変が起きた・・・

下半身の血が、脳に集まり始めた。
脳みそが、呼吸をするように膨れるのだ”
脳味噌を覆っている、薄くて、目にも見えない幕が、「パチンとはじけた」
そんな感じだ”血の巡りが良くなったのだ””

 後で”分かった事だが、脳みその外”
つまり頭蓋骨の外に血を集めれば、血圧が上がる
 逆に”頭蓋骨のなかに血を集めれば、血圧が下がる””

これが”「座禅の極意」だったのである
 座禅は、下半身の血液を頭蓋骨のなかに送り込み、血圧を下げる”!
これが”座禅の心だった・・・

これで”低血圧も高血圧も制御出来る・・・困ってる人が大勢いる
これだけでも、飯が食える。 当時は飯が食えるとは思いもしない
だから”またお蔵入り・・・
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-16 07:13 | ノーベル賞 自然科学

火山灰の研究  第1話

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

a0135700_18542958.jpg

「働けど!働けど”倭が暮らし”楽にならざり”じっと手を見る」
この男!石川啄木”天災は長生きしないとはいえ、余りにも早い”享年26歳とは!!
彼は”「天の声を聞いたのだ」お前の歩く道は、どっちを選ぶのか?・・と
迷わず””答えた””寿命を縮めてもこの世に作品を残すほうを!!
虎は死んで皮を残し、人は死んで名を残す!!天才はすべからく”このようである
 私は、凡人のかたまり”天の声なんぞ全く聞こえん”
おそらく”何度も何度も”呼びかけてるのであろう”が、全く”聞こえん!
だから”先人の残したものに聞くしかない””たとえば”この啄木の心だ!!
「働けど・・働けど・・じっと”手を見る」・・・・・
倭が手を、しげしげと眺めると・・・涙が出てきた
「私の手は、ゴッドハンドと呼ばれた、空手家のようなたくましさはない、
 さりとて、名工と呼ばれた左甚五郎のように器用さもない”ぶきっ緒で、ひ弱なこの手が
 貧乏の源だ”残りの人生は、この手を使わずに生きていく方法を見つけねば、貧乏からは
 抜け出せぬ・・・」と悟ったのだ・・
そこで”脳みそを鍛え始めた””10年の遅れを1年で取り返す・・決心をして、実行した
一級建築士と土地家屋調査士を同時に資格を取ってやると、もう勉強を始めた・・
そして“4カ月過ぎたころに、脳みそに異変が起きた
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-14 21:20 | ノーベル賞 自然科学

原発の終焉!!温暖化を止めよう””

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
a0135700_5415016.jpg


「温暖化を阻止するためには原発が一番いい」と、

原発推進派が主張してきた、CO2が出ないから・・・と。

ところが、高熱を必要以上に出すために、熱交換をして、

冷却し続けねばならない。その為に海水を使用している

世界中の原発が、同じ事をしている。確かにCO2は出ないが

直接”海水温で原子炉の温度を下げるため海水の冷たさを

利用するため、今度は海水を上昇させる事になる

この海水の温度の上昇はCO2の温室効果に比べれば

はるかにひどい””世界の原発を止めれば、温暖化は止まる

といってもいいほど効果が大だ””

しかも”表と裏は表裏一体””ともいう””

原発”はふげんともんじゅが日本の原発だが・・・・

福井県にある”高速増殖炉が繰り返し無駄のない燃料消費の夢に

あおられ”造っては見たが、失敗の連続で”今や”爆発寸前”

福島よりも危険かもしれない”発電は出来ない”止めることも出来ない

人類を救う方法は、ただ一つ””宇宙空間に放り出す””

これも”また難しい””

人類の罪を背負って”あの世に運んでくれ””誰でも良い” 

原発を終焉に導くのに失敗したら、

人類は間違いなく”

全滅です””
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-14 05:42 | ノーベル賞 自然科学

チェルノブイリと全く違う…IAEAとはいうものの"

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

a0135700_13121949.jpg

チェルノブイリと全く違う…IAEA
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、経済産業省原子力安全・保安院が12日、「国際原子力事象評価尺度(INES)」の暫定評価を最悪の「レベル7」に引き上げたことについて、海外の原子力専門機関からは、同じ「7」だった1986年の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故とは深刻度や被害規模が大きく異なるとの指摘が相次いだ。

 国際原子力機関(IAEA)のデニ・フロリ事務次長は12日の記者会見で、福島の事故とチェルノブイリ事故は規模などが「全く違う」と強調し、同列には扱えないとの考えを示した。事故発生時、チェルノブイリ原発は稼働中だったが、福島第一原発は停止後で圧力容器の爆発も起きておらず、放射性物質の放出量が大きく異なると指摘した。

 フロリ次長は一方で、日本側のデータに基づくと、レベル7に引き上げた判断は妥当との見方を示した。

 パリ郊外にある仏放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のパトリック・グルムロン人体防護局長も12日の記者会見で、「福島の状況は非常に深刻だが、被害の大きさはチェルノブイリ原発事故と比べてはるかに抑えられている」と評価した。

 同局長は「チェルノブイリでは欧州一円に放射能汚染が広がったが、福島では被害が局地的にとどまっている」と指摘。「レベル7」の認定まで約1か月を要したことについては、「事故の分類は対策には直結しない」として言及を避けた。

チェルノブイリと全く違う…IAEAとはいうものの
全く違う事故の分類だという! 好意的に書いてはくれたが!”
では、どこが違う”” 私は専門家ではないので、半分は疑ってくれ!!
日本の、原爆の事件は、津波でもなく、地震でもない”また、人災でもない
つまり、原発の老朽化が一番の原因だ”
原発推進委員会は、良いことばっかりと地元に金をばらまき、
今の体制を造ってきたが、人間の作った器は、寿命は30年持てば
長生きだ!!”それに比べて、ウランはプルトニュームの原子は
永遠の寿命を持つ”閉じ込めること自体が、初めから無理な
計画だった。現在””稼働中の原発でさえ”止めて”解体する”
撤去するにしても”福島と同じ状況になる” 
ただ”発電もせずに”水を回し続け”無駄な電力を諸費し続け!
何年も人件費も、処理する場所も、考えずに始めた、見切り発車で
レールを作り続け、止まったら脱線する””
津波が”地震が教えてくれた”原発の終焉””
後始末は””多大な犠牲者の上に成り立つ!!
今はまだ”犠牲者が出てないが””そのうち”大量に”一斉に
犠牲者が、折り重なって倒れる日が、来ない事を祈る
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-13 13:10 | 大災害

今年の年末のノーベル賞を目指して! 序文 11 温泉と酒と女で時間をつぶした!!

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

最後の謎?
水行千里、陸行1か月・・距離がどことも一致しないわけ!!
ここに卑弥呼の賢さが見て取れる!
わざと”邪馬台国の位置を隠した””見事な策略だった

魏は戦乱に明け暮れていた”軍隊を送られても困るだから、
位置不明にする必要があった””
使った手口が面白い””東大の教授にも解けない策略は、笑える!!

魏の死者を招くにあたって、一番困ることは何?
一番困ることは、魏の死者に馬鹿にされることだ!
菅総理ではないが、ここまで”みんなに馬鹿にされると、
誰も”言うとをきかんようになる。それが一番困る!
だから”馬鹿にされないように手を打った!!
さて”どんな手を打つ?

まず”魏の国は大きい”それに比べて、倭の国は小さい”!
だから”倭の国を大きく見せようとした。本来なら、志賀の島から
左回り”つまり、まっすぐ邪馬台国に来れば”水行3日もしくは陸行5日で済む
だから”右回りで、九州を1周させたのだ、推理だが、熊本を過ぎ、薩摩湾に
上陸して、九州山脈を越えて宇佐まできた、それでも距離400km
だから、15日で楽に着く”それが1ケ月かかったという””
この余った時間が、魏の使者が良い思いをした時間だ””
つまり、卑弥呼が、魏の使者を接待したのだ!”
「ノーパン、シャブシャブ」、温泉と酒と女で時間をつぶした!!

これが、功を奏した””使者の目から見ると、
遊んで失った時間を補うために、距離を伸ばした
そりゃそーだわな”正直に報告すれば”
「おまえ”遊びに行ったのか?」とおしかりを受けますもんめ!!
だから”書けなかった” 邪馬台国の本当の位置を!
それを”補うために、金印を道しるべにした。
邪馬台国はここだと!!
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-12 16:46 | ノーベル賞 自然科学

今年の年末のノーベル賞を目指して! 序文 10

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
a0135700_951187.jpg

a0135700_7444485.jpg

不手際で”序文9が消えてしまった”
金印について書いたことは、覚えているが、全部は覚えていない”
再度”書きなおすと、全く”文章が変わってくる”から不思議だ!
全く同じ文章は書けない”
思考の速さに、手がついていけない” 
書こうと思った事でも、もう忘れて、飛ばしてしまう”
テープレコーダを使って、原文を書きおろすと、行けるかも”
しかし、結構むずかしい”自分の言葉と文章は、全く違う””
ブログを書くのに慣れてしまった故の、書き方に変な我流のくせがついてしまった
ま~~これが私だけの個性かも””
さて”金印は57年「倭の国の国王」の印字””
これは”大和朝廷が遣魏使を最初に出した”
そのお土産がこの金印だろう””
邪馬台国論争・・・・
邪馬台国は九州で大和には大和朝廷が成立してた
こう解釈するのが、一番妥当だと思う””
つまり”現在に例えれば”日本国の中の豊田王国(トヨタ株式会社)のようなものだ
政治は大和朝廷で文化(宗教?)は邪馬台国ではなかったか
この”大和朝廷と邪馬台国は、当然交流は有っただろう””
当たり前だ”大和朝廷にしてみれば、国内に一大勢力が発生すれば
当然”警戒はするだろう”からして、偵察隊がでて、調べ上げ
対策は寝るはずだ”リーダーをやがて呼びつける””
 当たり前の話だろう””
朝廷は卑弥呼の才能と能力の大きさを知る”
この女を妻にしたい”と”天子のプロポーズ”・・・
それゆえの神功皇后””の敬称でなかったか? 

まるでかぐや姫が卑弥呼だった!”

金印の役目は、道しるべ・・時間と空間を超えた”道しるべ
さすがに” スケールがでかい””
魏の都は”洛陽” そして”金印の島”志賀の島”ここを結んで
20:1で図ると”宇佐神宮””ここが卑弥呼の邪馬台国”
4000km:200kmで20:1だ
金印が1000年先に掘り出させる”その深さを想定する”
最高の能力だ”卑弥呼は
[PR]
by tetu-jinn | 2011-04-10 18:45 | ノーベル賞 自然科学



古の昔に沈んだ大陸ムーは、再び”浮上"していた。その名はアメリカ大陸という!そして、また、沈下する日が近づいてきた!ノアの洪水が襲ってくる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
以前の記事
タグ
メモ帳
ライフログ
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧