今年のスローガン!! ムー大陸は、浮上して、アメリカ大陸と名前が変わった事を知ってもらう

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

地震は”統計学ではない・・地震は力学だ

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

a0135700_21213849.jpg

a0135700_21385556.jpg

プレート理論!”地震が起きるたびに、先生が、専門家がTVに登場する

内容は、相も変わらず、同じことの繰り返し”20年全く変わっていない

ところで、プレートがあるって、どうして確認できるの?

大陸や、日本列島が、プレートに乗ってるって?

物理学的に、発見したわけではない”統計学的に発見した。

まず、環太平洋に地震が多い”その地震の発生個所にしるしを赤で塗ると上記の図になる。

当時は、地震の計測器もない。さぞ”不思議なことだろう”

現在は、とくに”日本は毎日、地震が発生している。

その原因は、何だと思う” 

地震は”統計学ではない・・地震は力学だ

論より証拠””実験を見せよう””
[PR]
by tetu-jinn | 2011-03-31 21:51 | プレートテクにクス論

プレートには摩擦抵抗が働く””

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
a0135700_69569.gif

a0135700_6345590.jpg

プレートテクノクス論の一番大きなミスは、物理学が、全くない”

この不自然な見落としは、摩擦力を全く考慮してない

摩擦力は、物体を動かさない方向に働く”

逆な言い方は、動かそうと力が働く時、抵抗として働く””

つまり”プレートには、当分布荷重が働いている(厳密には同じではないが)

摩擦抵抗は、プレートまでの地表からの垂直距離*土の比重*接地面積*摩擦係数=
これが、プレートの上部にかかる摩擦力だ

プレーとの下部には、
(地表からの垂直距離+プレートの厚み)*土の比重*接地面積*摩擦係数=

この計算をすると、天文学のようなとてつもない数字になる
とてもプレートは動くはずがないのだ””
[PR]
by tetu-jinn | 2011-03-30 06:35 | プレートテクにクス論

世紀の発見のエピソード  2

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


a0135700_16401254.jpg


上図を”つらつら”眺めていると”また”疑問が湧いてきた”

なるほど、プレートのぶつかりで、片方が上に、もう一方が潜り込む”

まあ~~ここは理解できるとして” どうしても”理解不能な場所は”

「交点」だ。 ここの説明を誰一人”説明した者はいない

バースデーケーキがあるとして、これを3等分する”

さて”潜り込むのはどれで、上になるのは、どっち?

残った一つは、何すんの?

a0135700_1745081.jpg

[PR]
by tetu-jinn | 2011-03-29 12:47 | プレートテクにクス論

プレートに、単純な疑問 1

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
疑問 1
    まず”プレートと呼ばれる地盤が「への字に曲がってる」これが物理の法則に合わない!
  上手で実験してるように、物体が曲がるには、真中が中性帯で、全く力がかからない部分で、
 下部が、引っ張りと呼ばれ、部材が伸びる部分です
 上部が、圧縮と呼ばれ、縮小する部分です
つまり、曲がるには、伸びと、縮小が同時に起きなければ曲がらない
コンクリートや石や岩石は、硬くて、伸びない””
曲がるには伸び縮む材料でなければ、「への字にまがらないのですよ」

プレートは伸びて、縮む物質ですか? プレートは岩盤でしょう、曲がるはずがないでしょう

2 今度は跳ね上がるという、反対側のプレートについて”曲がって潜り込む、プレートと
  同じものでしょう。片方が曲がって、片方が曲がらない”!それでは理屈に合わん
  曲がる方は軟鋼で片方が鋼(はがね)話が矛盾する”
3 さらに曲がるには、集中荷重が3点に掛からねば、曲げモーメントが発生しない”

機械工学の中の材料工学及び建築土木に構造力学の中の部材の変形にある力学です
確認を取ってください”” 地震学者は力学を知らないのです””

無理もない””統計学者が発見した理論ですから、力学がないのもうなづけます””
[PR]
by tetu-jinn | 2011-03-26 19:11 | プレートテクにクス論

東日本大災害は、地震学者の不徳の人災だ””

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

a0135700_6143699.jpg


人災といっても、津波は止められない”
でも、1週間前にわかれば、避難は楽だ!
あの”大津波が来ても”「あ~!やっぱり来たか””」で済む
もちろん!失った物の被害額は大きい”
それでも”金額に換算できぬものは失わないですむ”

家族さえ”無事なら”失ったものは、また”働いて”買いましょう!!

家は、みんなで立てましょう””・・で済む!!

これは人災だ!!

もちろん”指導力のない政府が、国会議員が全く仕事してない
口ばっかりで、指導という”行動がない
菅の後の総理に座る人材がいない!!
谷垣も逃げた!!

日本丸は沈没です
津波・地震・火山・原発・国がつぶれて””
新たな、国が生まれる”!! 今は胎動の時!!

菅さん””政権を天皇に返せ!! もう無理だよ!!
[PR]
by tetu-jinn | 2011-03-26 06:31 | 大災害

東日本大災害は、地震学者の不徳の人災だ””

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


a0135700_22353361.jpg

この地震、本当に起きてよかった」大阪府議長が発言(朝日新聞) - goo ニュース

政治家どもの見識のなさに嘆かずにいられない!!

東京都知事の石原は天罰だと言い、大阪府議長は天の恵みだと言う

天罰については、日本人および日本民族の文明のおごりに対する警告とも言えよう

しかし、被災した40万人に対し天罰はいただけない、一生懸命働いてた庶民だ、

天罰は都知事を含む政治家の不徳を問うべきだろう”

 一方”府議長は、ワールドセンターに引っ越しをしなくて済んだ幸運を言う

視野の狭さが。この発言となったのである。

やはり、これは天災だ”天の災い””自然の摂理を知らなかった人間が犠牲になった

摂理を知ってる者は、自ら自分を救った。また、多くの人を救おうと努力し、

力が尽きた人も多い” 

地震、津波は自然の摂理だ、起るには起る理由がある。

それを、人間が知らないだけだ。人間がいなければ災害はないはずだから!!

英知は、常に、多大な犠牲の上に成り立つ、犠牲になるのがいやなら、もっともっと、

知識と教養と技術を、積み重ねなければ、無くならない”

プレート理論”は神戸の震災当時から、一向に発展してない

相も変わらず、プレート理論を振りかざし、マンガの絵を見せて、20年”

技術は、日進月歩進んでいるが、この学問は行き止まりの、雪隠詰め””

地震学者の欠点は、物理学(力学)を知らないのでしょうね

世界で、一番罪の重い人!!

それは、間違ったことを教え続けている人だ””

今度の津波での被害は、地震学者の不徳の人災です””
[PR]
by tetu-jinn | 2011-03-23 22:40

福知山線の脱線事故の新しい真実の発見”” N02

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

a0135700_1785519.jpg


a0135700_1710244.jpg


この脱線事故を大きくした原因が、このレールからの脱線を防ぐためにつくられた車輪の形だ

これが被害を大きくした 隠れた原因だった”


a0135700_1717248.gif


上図のように、カントで傾いた電車の車輪を15cm持ち上げたらふつうは脱輪する。
だから、脱輪させれば、遠心力は消えるのだ””

しかし、写真を見てくれ、脱輪を防ぐためについたカバーがレールの内側に付いてるために
脱輪せずに、モーメントが働き電車が傾いた””

しかも”このカバーの寸法が、5ミリ長ければ、もしくは、5ミリ短ければ、
被害は、けが人は増えるが、ここまでの死者は出なかったであろう”

その理由は、脱線するか、もしくは横転してたからだ。
どちらかであれば、マンションに追突はしてなかったからだ。

まさか”車輪の形が不運を招いたとは、お釈迦様でも気がつかなかった


さて、その理由は遠心力が強く働き、脱輪できずに、内側の車輪が浮き上がった、
15Cm浮き上がったら脱輪するはずが、”外れない”はずれたら遠心力は消えるのに
外れない”20cm浮き上がってもまだ外れない30cm浮き上がってもまだ外れない

外れたのは””もっとも不運な場所””最悪の場所!!
外側のレールの真上に重心が来た時だった、

重心と反力がつりあったときに外れた・・・
ブレーキも利かず”横転もできず、カタリン走行が続いて、マンションに衝突した

横転しとけば、マンションに衝突はしてなかった
脱輪しとけば、死者は出なかった・・

よく見て!!車輪の形を””
脱輪カバーが、レールの外外に、突いていれば、死者は出なかった
内内についてる故の大惨事だったと言えるだろう””

隠れた瑕疵””そこまでは言えないかもしれんが、直すべきだろうね””今後の為に


a0135700_19572883.jpg

[PR]
by tetu-jinn | 2011-03-16 17:57

福知山線の脱線事故の新しい真実の発見””

a0135700_1955148.jpg
応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村



a0135700_15303182.jpg
JR福知山線事故 カーブの事故を物理する
およそ“事件事故を起こす人間の、多くは無知”つまり、知らなかった事が原因で起こるのです。
この事故を起こした列車の運転手が、この物理学の常識があれば、時速100kmを超える
スピードを出すはずがなかったのだ“つまり”こんな事故は起きなかったはずです、
しかし、知らないものは、親でも、上司でも、先生でも、学者でも、教えようがない!
仕方がない“と言えば”仕方がない“”そこで“この事故を教訓として、
2度と起きないことを後輩に教えるべきだと思うのです。
 いま“この事故の調査団が調査を終えて、調査資料がまとまったが、
まだ”不完全です“その、不完全を埋めるために、投稿した次第です
 国民を啓蒙するために、死者を慰めるためにも“是非“特集を組んで欲しいのです!!
JR宝塚線の事故を簡単な物理学で解く原因 1
 電車の蛇行! 電車の走行中に電車が蛇行をしていた“との目撃者の証言がある。
事故の原因の一つが、この電車の蛇行現象です。
電車の製作が完了し、検査を行う“この時に時速120kmを超えると蛇行する
と実験の結果が報告されている。はたして“その原因が不明であると!!
重大な証言です。
 事故の一つの隠れた原因がここにある
蛇行の原因は、重心のずれにある。つまり“電車を左右対称に2等分線で区切り
その線上に、重心があれば蛇行は起きない(ただし重さも2等分)!!
電車の推進力は、反力と摩擦係数力が車輪の回転の力を推進力に変える。
ところが、この重心のずれが、左右の反力の違いを生じさせ、推進力に差が出てくる。
車輪を高速回転すると、摩擦係数が小さくなり、反力の少ないほうが0になり、
片輪走行になる。右側の車輪が動くと左による、左によると、重心も左に動く
すると、反力が大きくなり、左の車輪が動く、これを、交互に繰り返す。
これが、蛇行現象だ“”
もうひとつ、重大なことは、蛇行が起きた時のブレーキの利きが悪くなり、スピードが
なかなか落ちなくなる。これが、事故の隠れた大きな要因だ

a0135700_19532134.gif                   
(2)力学の基本“       
これは、釣り合い方程式の基本“建築・土木を学ぶ者には避けて通れぬ学問です
電車が、カーブを回れるのは、求心力という内部抵抗の力があるからです。
その内部抵抗の数値で、時速何キロのスピードで回れば安全か?
理論的な説明がつきます。
現地は、右カーブ(曲線半径300m)で時速70キロ以下の制限箇所
“確かに”70Kmの制限箇所ではあるが、なぜ?70Kmなの“”
この説明が、不十分だから、若い運転手は事故を起こしたのではないか?
   
問題1   さて“ここで問題です。
この軌道を安全に回るのには、時速何キロ以下であればよいのでしょうか?
 列車の重さは40トン、
 軌道の幅は 1067ミリで半径 300m
 重心の位置を線路から534ミリ と仮定する
 解
図1は遠心力の公式で、ニュートンの運動力学です。
                       

   
                       
このニュートン力学と力のつりあい力学を応用すれば、答えが出ます
簡単な力学です。
まず“大気圏脱出に必要なスピードはF=MV^2/300
電車の重さは40t
したがって 40t*V^2/300 
これは、遠心力の公式に数値を代入した式です
これに、釣り合い方程式から、水平反力を求めますと、
水平反力は常時重心に向かって働いているものです。普段は水平反力が20t
ずつ、向き合って安定してますが、外部から力が加わると変化します。
遠心力に対抗して、HaHbの和が、その数値になります。
つまり、Ha+Hb=40tになります。
(重心の位置が不明の為、便ぎじょう計算しやすくするために、40tになるようにした)
  40t=40t*V^2/300

これを計算すればいい“V=√300となります 17.32m(秒)
時速に直せば、3600倍で 62.35kmです
 つまり、半径300Rの軌道では、時速62キロでレールの軌道をはずれます。
安全走行は62kmです。
ここで、結論を言えば、電車の質量(重さ)はまったく関係ないのです。
レールの半径の平方根が安全なスピードです
2 カントによる安全性
線路におけるカント
速度の異なる列車の走る路線では、カント量の基準となる速度と比較して高速の列車に対してはカント不足、低速の列車に対してはカント超過となる。古くからある路線では昔の低速の列車にあわせてカントが設定されており、列車の通過速度向上に伴ってカント不足となることがある。このためカント量を引き上げて路線の最高速度を上昇させる工事が行なわれることがある。カントの量には上限が定められており、JRの場合、新幹線(標準軌)では200mm(実際はそれ以下の方が多い)、在来線(狭軌)では105mmとされている。これは何らかの事情で列車が曲線上で停止した場合に、車両が内側に倒れることを防ぐためである。このため、半径の小さい曲線では最大限のカントを設けても高速で通過する列車に対してカント不足が生じる。近年では車体を傾斜させることのできる振り子式車両を導入することでカントの不足を補い、曲線区間の通過速度を向上させる例も見られる。カントつきの曲線では、直線区間と比べ車両から線路にかかる力が大きくなるため、より多くの枕木やバラストが必要になる。また、何らかの理由でカント量の高い区間に列車が停止した場合に、吊革などを掴めていない立ち席客が倒れたりするトラブルも時々ある。  (ウィキペディアからの引用)
上記のカントと呼ばれる、軌道の外側を上げることによる、転倒防止策で、15cm上げた、これが、事故の現場になったのである。
少し“計算が複雑になる。おそらく”軌道の設計者はここまで考えてはなかったでしょう
 このカントがなければ電車が横滑りして、軌道を外れ、脱線して、円運動をやめて、
接線方向に直進する。
しかし、カントを付けたことで、接線方向の直進はなくなる。電車が横滑りしなくなるからです。その代りに、電車に転倒モーメントがかかるようになります。
問題2
時速62,35kmを超えて、内輪が浮き上がり横転する。
その時速は何キロメートルの時か?
電車
重心
遠心力F

A    B
反力150ミリ
重量W反力
1067ミリ
図2

まず“考え方は? 電車の低いほうの車輪を15cm持ち上げて、水平にする
水平になったら、水平方向に40tの力で押すと脱線する
外側の車輪A点を視点にして、持ち上げると、20t以上の力が必要になります
そこで、カントによって、重心が75ミリ右によって、重心は75ミリ下がる、
よって、b点にかかる反力は、(533.5-75):(5533.5+75)になるよってb点の
反力は20.65tであるから、この20.65tの力を重心で遠心力を出さなくてならない
いくら?スピードを加えたらよいか?
計算をすると“”
     遠心力F*0.4585(重心からA点までの垂直の距離)=0.473(水平距離)*40
     遠心力F=41.308t
したがって 41.308=40*V^2/300
      V=17.60m・秒  時速63.36 Kmです
 合計 62.35+63.36=125.71Km
この電車の重心がレールから53cm以下であれば、事故は何とか防げたかも
この電車の、重心の位置は
  絶対“確認する必要がある。

(4)仮説(この電車の重心の高さを2mと仮定するとどうなる?
1 水平方向の抵抗は変わらない
2 転倒モーメントが小さくなる
  ざっと 0.475*40/2=9.5t
遠心力は 9.5=40*V^2/300 V=8.44m/秒 時速30.38km
  合計 30.38+62.35=92.73Kmです
実際の事故は100km以上出ていたらしいから、列車の重心は1,5前後
でしょうね“ 0.475*40/1.5=12.66t
遠心力は 12.66=40*V^2/300 V=9.74 時速 35.06Km
  合計 35.06+62.35=97.41
1mでは  0.475*40/1.0=19t
 19=40*V^2/300 V= 11.937 時速 55.59Km 
合計42.97+62.35=105.32Km ぐらいになるでしょう“”
この数字以下であれば“”事故は“”起きなかった“”惜しい!悔しいね“”
この事故は、本当に、惜しい“”悔しい“”
あの“蛇行がなければ”乗客の命“”全員“助かってた“”
あと“ほんの1キロのスピードが落ちてたら”“全員助かってた”“
電車の製造責任者に、伝えてください“”
この快速電車の重心の位置を、カタログにして明示する事を、義務付けて欲しい“”

(5)大惨事になった事故は、不運が幾重にも重なって起きるものだ
a  不運 
1 電車のスピードが、モーメント現象を引き起こし、遠心力が途切れた時
  重心と反力が同一線上に重なり、ヤジロべーのように釣り合ってしまったことだ、
  だから、転倒せずに片輪でマンションのコンクリートに激突せずに済んだはずだ
b  ブレーキをかけたことによって、3方向の偶力が生じ、乗客は、
  洗濯機が起こす渦と同じように、1箇所に集められ、折り重なった、
  しかし、この渦に巻き込まれないように、必死に手すりにしがみついてた人は
  折り重なった人々に山裾に集められた、そこに、電車がつぶれた、山積みにされた人は、圧死の  即死“その人たちの命の支えで、山裾にわずかな隙間ができて、その間にいた人は助かった。
  助かった人は皆での命で支えられた、だから、亡くなった人の分まで生きてください
[PR]
by tetu-jinn | 2011-03-08 15:32



古の昔に沈んだ大陸ムーは、再び”浮上"していた。その名はアメリカ大陸という!そして、また、沈下する日が近づいてきた!ノアの洪水が襲ってくる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
以前の記事
タグ
メモ帳
ライフログ
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧