今年のスローガン!! ムー大陸は、浮上して、アメリカ大陸と名前が変わった事を知ってもらう

<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

誰にでもわかる地球温暖化現象 第 30話 地球が静止する日

a0135700_192330.jpg


この映画は古い映画のリメイク版だよね””
実際に、物理的に地球が静止する可能性はある。
地軸の変換が起きた時だ。
長い歴史の中で、発見がある。地磁気の突然の変換!”

http://wdc.kugi.kyoto-u.ac.jp/stern-j/reversal_j.htm

a0135700_19115384.gif


アルフレッド・ウェゲナーは大陸移動と地磁気の逆転が同時期だと気がついた・・・

それね~おそらく”回転してる核が寝返りを打つ。
つまり、核が180度回転する、だから地磁気の逆転が起こる。
ところが、大変な事が起こる。

地磁気が逆転するという事は、核の回転も180度変わる。
地球の自転にブレーキがかかり、停止する。
そしてまた。自転を始めるが・・
つまり、地球が・・・・東から昇っていた太陽が西から昇るようになる
それからが・・それまでが大変だ!”

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-30 21:56

誰にでもわかる地球温暖化現象 第 29話 極の発見

a0135700_18453179.jpg

a0135700_18455625.jpg
a0135700_18473975.jpg


北極の氷と南極の氷が解け始めた。
年々”氷が薄くなって、面積が狭くなってきた。
温暖化も氷が残っている間は、人類は生きていけるが、
氷が溶けてしまうと、一気に気温が上昇する”
今”マスメディアの発達が、世界の片隅に居ても、情報はすべて手に入る
素晴らしい世界が開けている。
このメディアの方向を導くのに、骨が折れそう。



架空の話だが、可能性はある。

応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-29 19:05

誰にでもわかる地球温暖化現象 第 28話 整理整頓

今までに、述べてきたように、地球の内部にすべての物理学が詰まっている。
温暖化について、わかったこと、
 1 ボイルシャルルの法則
 2 ニュートンの万有引力、
 3 私の核(核が氷だと)の回転の発見   
         氷の熱交換の方法が遇力を産む”
 4 核の回転が自転を引き起こす
         地球は水の惑星だから、回転は慣性の法則は通用しない。
         常に力が加わらないと回転は止まるから
 5 核の回転が磁力を生み出す
 6 地軸の23,5度の傾きが公転軌道の楕円を形成してる
 7 温暖化は氷河期と氷河期の間に起こる現象だ。
         それが、地球の生体リズムだから、恐竜が滅んだ、原人が消えた、縄文人も消えた
         すべて、同じ理由だ。
 8 氷河期のメカニズム
   基本は、ボイル・シャルルの法則。このブログは論文を書くようにはできてないので不便”
a0135700_10592581.gif
 
 この図を地球として考えると
上からの重りが重力として、常に圧力がかかり続けている。
このまま、千年・万年・10万年・百万年・・・圧力はかかり続けている
地球は、縮小を続けている。ところが、ボイルシャルルの法則が当てはまらない。
というのは、地球が生命いを持っているから。上記の図のように単純ではない。
どこが違う? それは、反力を持っていることだ。

その反力の誤差が大きくなった。
たとえば、太陽暦の暦・・これは数字で割り切れない。
うるう秒という時間が誤差として積み重なる。
どこかで、うるう年を設けて、誤差を元に戻す・・・

同じように、温暖化もうるう年のように繰り返してくる。
数万年おきに””

考えられるメカニズムは・・・・万有引力の軽減だ


応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村   
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-29 11:14

誰にでもわかる地球温暖化現象 第 27話 極の発見

a0135700_2123966.jpg

この上記の漫画で理屈に合わない部分はないか?
そう!”赤外線が放出されてる図だ”
月から、地球の外部からみた地球は赤く見えるはず”
赤外線だから””
でも”地球はいつも”青かった”
赤外線なんか出てない

a0135700_21243491.jpg

内核の球体が氷で、絶対0度で、光速回転運動してる。
回転は熱を取り込む入口と出口で遇力を造る
この回転が重力と地球の自転と磁力線を作り出している
回転のエネルギーは太陽光線!
太陽エネルギーを回転という運動エネルギーに転換して消耗することで平穏を保っている。
内核と外核の部分に超伝導の世界がありそう”
23,5度の傾きが公転軌道の楕円を作り出す

a0135700_21251518.gif


応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-28 21:53

誰にでもわかる地球温暖化現象 第 26話 竜巻

a0135700_602038.jpg


2009年7月27日 21時50分 ( 2009年7月27日 23時46分更新 )
<突風>群馬・館林で竜巻?21人けが 車も横転
 27日午後1時40分ごろ、群馬県館林市の中心部付近で突風が発生、前橋地方気象台は同日夜、突風の原因を「竜巻と推定した」と発表した。県警のまとめによると、同市大街道(おおかいどう)のスーパー「ベルク館林大街道店」で、駐車場の乗用車など20台が横転したり、割れた窓ガラスが飛び散ったりして客ら14人がけがをした。同店の南約200メートルのハローワーク館林でも2階の窓ガラスが割れ、3人が負傷。さらに、強風にあおられて転倒するなど1人が重傷、3人が軽傷を負い、計21人が同市内の病院で手当てを受けた。同気象台は現地に調査員を派遣して原因を詳しく調べている。

 館林市は突風が竜巻であった可能性が高いとみて、「竜巻被害対策本部」を設置。同市内では、大街道地区以外でも被害があり、家屋234棟のガラスが割れたり、屋根が吹き飛ばされたりするなどした。

 また、東京電力によると、突風が発生した時間帯に大街道地区や東武鉄道館林駅周辺で約3000世帯が停電。東武伊勢崎線羽生―太田間と佐野線、小泉線の全線が架線障害などで運休した。

 同気象台によると、突風の発生時、館林市付近を活発な積乱雲が通過中で、漏斗雲や、物を巻き上げながら移動する渦の目撃証言があったことなどから竜巻と推定した。同気象台は突風後の午後2時15分すぎ、県内全域に竜巻注意情報を出し、警戒を呼び掛けた。【中野秀喜、奥山はるな】

 ◇梅雨前線近づき、積乱雲が発達

 気象庁によると、竜巻は特に発達した積乱雲の下で発生する強い上昇気流などによって引き起こされる。今回の竜巻とみられる突風は、低気圧の東進に伴って関東地方に近づいた梅雨前線に、南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になって積乱雲が発達したことが原因とみられるという。

 気象庁は27日午後2時16~18分に埼玉、群馬、栃木の3県に竜巻注意情報を出していた。【福永方人】

a0135700_602038.jpg


う〜〜む”ついに日本もアメリカの中南部と同じ気候になったか!
竜巻は、地震と違い、同じ場所で繰り返し起こる。
台風は強くなる、ゲリラ豪雨、竜巻、地震・今度は火山の噴火もありうる・・・
温暖化は地球の内部の熱が飽和になり、地上に噴き出す現象!
雨・風、そして火が豪雨・暴風・炎に変わる。
すべて温暖化が原因ですね”!!
その温暖化は、地球の内部のエンタルピーの高まりですね。
熱源はやはり、太陽光線を浴び続けた結果ですね。

応援ぽち一票願います

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-28 06:06

誰にでもわかる地球温暖化現象 第 25話 地球の内部構造 5 地磁気の謎

a0135700_1333959.jpg


地球の内部に物理の法則がいっぱいあるはずだ。
この図が今、考えられている地球の内部だ””
この図からでは、自転の謎も地磁気の謎も、温暖化の謎も何にも解けない。

そこで、もちろん仮説だが、
地球の中心を形成してる”核”・・この物質は絶対零度の水(氷)ではあるまいか?
この、氷の球体がものすごい速さで、光速を超える速さで回転してる。・・
なぜ?・・氷が回転する?

こんな・・実験をしたことはありませんか?
洗面器に40度ぐらいのぬるま湯を入れて、表面に氷を浮かす。

それを真上から眺める・・・・
氷が核・・・
氷を取り巻くぬるま湯が・・外核

しばらく眺めてると・・・氷が回転を始める・・

なぜ?氷が回転をするの?
これも仮説だが、観察の結果からだが・・
氷とぬるま湯で・・熱のやり取りが起こる。
ぬるま湯の熱量が氷に流れ込んでいく。
入った物があれば、出ていく物がある。
出ていく方がN局で入るほうがS局だ
氷をよく観察すると・・氷の中に入る入口と出る入口ができる。
氷は、全体で解け始めるのではない・・・・
氷は氷の内部から解けるのだ・・・
だから、回転する・・・

結論を言えば・・・
熱が回転という力に代わって、温度が下がる・・・

以前から不思議に思っていた・・・
地球に太陽光線があれほど降り注いでいるのに、気温は上がらん・・なぜ?
今やっと、その答えが見つかった。
太陽光線のエネルギーを、核が回転することによって、冷却してた。
さらに、回転で熱を磁力線を放出し

a0135700_13342272.gif

さらに、重力までも造りだしていた
そして、地球ゴマの原理で自転を始めた。
a0135700_13333385.jpg


にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-27 13:36

誰にでもわかる地球温暖化現象 第 24話 地球の内部構造 4 地磁気の謎


a0135700_4214133.jpg

a0135700_422631.gif


a0135700_420479.jpg
a0135700_4211529.gif


地磁気の謎?
地球に磁力線が張り巡らされているのは、ご存じですか?
方位を示す、磁石・・・南北を示す磁気を帯びた針・・
昔から、磁石は発見され、利用されてきた。
人間が、見知らぬ場所に旅をするときに絶対必要な道具である
その地磁気の研究が盛んに行われだした、地球の謎を解くために、
上記の写真は測量の磁力と角度を測る道具です。
a0135700_427235.gif


さて、この図が今考えられている、地球の内部の磁力線だ。
この絵を見て、疑問は感じないか?
地球のコアは永久磁石なのか?いや違う””地球の引力は”万有引力なのだ””
引力は2種類ある。
磁石と万有引力
万有引力はどうして造られるのか?これが地球の最大のなぞ。
この謎を解くカギが、今までに発見されてきた物理学の法則の中にある。
万有引力は加速度だ”係数9.8ニュートンだ。
この加速度を出すために必要なもの・・それが力だ
”力”は目に見えない・・厄介なものだ
目に見えないがある。
心も魂も力も・・・・ある。実際にある。心と魂は物理でないので、カットする

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-27 04:42

地球温暖化現象 第 23話 地球の内部構造 3 地磁気の謎

地球の内部構造 3 地磁気の謎
下記の記事は出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』です

a0135700_11223248.gif




地表で観測される磁場は、その大部分が、地球のコアに流れる電流に起因する。コアは金属鉄を主成分としており、電気伝導度が比較的高い。コアに一様に電流が流れると仮定すると、地磁気の双極子モーメントから予想される電流の強さは数 10億 アンペアにも達する。ただしコアは半径が 3,500 キロメートル弱と、地球半径の半分以上も占めており、きわめて巨大であるため、電流密度にすれば 1 平方メートルあたり数ミリアンペア程度である。

その他の原因としては、地殻が磁化していること、電離層に流れる電流、地殻やマントル、海水などに流れる電流、などがあげられるが、これらの寄与は一般には小さい。なお地球の深部は高温のため、鉄を含め、多くの強磁性鉱物はキュリー点を超えてしまい磁化を失う。したがって強く磁化しているのは地球のごく表層だけである。地球は大きな電磁石であるといえる。


span style="line-height: 1.2;">現在の物理学の限界がある、特に、日本の物理学協会は分野別に細分化し過ぎている。
もちろん”いい部分もある。それそれが発達をとげる。
しかし、物が大きくなるとそうはいかない!”
まして、地球となると、物理学のすべてだ。
アルキメデスから量子学までこれらの物理学を合わせてもまだ足りない
未発見の電流もあるからだ・・
工事中

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

私のもう一つのブログ・・
http://blog.goo.ne.jp/gakusya_x/
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-26 11:25

地球の内部構造 NO2

a0135700_72548.jpg


この図は、横軸に時間・
縦軸に温度計
曲線は温度の変化を示している。
氷河期と氷河期に挟まれた温暖期・・この間が束の間の平和
人類も縄文人も原人も恐竜も繁栄し、人口は増えに増えた・・
ところが、その繁栄も一瞬にして、滅亡の時間を迎えた。

長い時間をかけ、上がり続けた温度計が、あっという間に{0度}になった
さらに、地球の内部から、地下水が一斉にあふれ出し、
山からは、火山のマグマが一斉に爆発する。
作物は全滅して・・・枯れていく
動物は・・戦争をはじめる。
勝った者が負けた者も、肉を食い始める・・
ますます、種の滅亡は早まっていく・・・
しかし、人類は生き残った・・
現在を生きてる人間は、「ノア」の子孫である。
今また・・・「」叫び始めた、神が、地球が人間を殺そうとしてる。
この声が聞こえる者は船を造れ」と・・・・・・
 
a0135700_7143370.jpg


a0135700_7163122.jpg


地球の自転は核の回転による”・・・これが前ページの結論だったが。
今度は、地軸の変換と大陸移動と寒冷化が同時に、
一瞬に起こる地球のメカニズムを説明したい。
もちろん、すべてを信用しろと言ってるんじゃない。
そうかも”知れない!・・半信半疑・・これが一番いい!”
物理学は、賢い人が集まって検証する。
確かな理論にまで高めていく、そうすれば、子供たちに教えていける・・・・

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-23 07:24

”地球の内部構造”

a0135700_17392640.jpg
a0135700_17395183.jpg


上記は地球の内部構造の図だ”
現在はこのように考えられている。
でもね~どこかおかしい”この地球の内部がこの通りだったら
物理学の筋が通らない・・矛盾がかなりある。
自然の現象はすべて、一定の法則が成り立つからだ。
それが、自然科学という。

まず”最初の矛盾
 自転・・・地球の自転作用・・これはどんな原理?
  答え・・慣性の法則・・だと答えるでしょうね学者先生は・・・
  矛盾・・地球は水の惑星だ、この水には慣性の法則が成り立たない。
      つまり、ゆで卵と生卵の違いだ。
      この違いわかるかな~~!実際に回してご覧””
      ゆで卵は重心が変わらないが、生玉子は重心の位置が動く、
      それが、抵抗力といい、回転を止める力になる。
      だから、自転は常に力を与え続けないと、自転は止まる。
      水は、重力にとっては、重荷になるんですよ!
      見本は、地球コマ ジャイロ効果もある


a0135700_4344740.jpg


そうすると、地球の内部に開店する、「コア」が絶対必要になる
a0135700_4362629.jpg


この図はエクセルで書いたがコピーすると名称がすべて消えてしまった。
中央の核の部分は・・・・おそらく絶対零度の水の球体・・つまり氷だろう”
この球体が、ものすごい高速回転をしてる、
その核を取り巻く、外郭部分が、宇宙空間だと思う。
もしくは、氷のプレートで、超伝導の世界で、摩擦抵抗が{0}で、全くない
でなければ、自転は止まってしまう。


にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

私のもう一つのブログ・・
http://blog.goo.ne.jp/gakusya_x/
[PR]
by tetu-jinn | 2009-07-22 04:43



古の昔に沈んだ大陸ムーは、再び”浮上"していた。その名はアメリカ大陸という!そして、また、沈下する日が近づいてきた!ノアの洪水が襲ってくる
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
以前の記事
タグ
メモ帳
ライフログ
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧