今年のスローガン!! ムー大陸は、浮上して、アメリカ大陸と名前が変わった事を知ってもらう

カテゴリ:謎の大陸”アトランティスとムー( 2 )

ノア洪水!創造科学を発見した

a0135700_1044139.png
応援ぽち一票願います
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

a0135700_934062.jpg
大洪水以前には上空に水蒸気層があった

 私たちは前章で、原始地球は膨大な量の「水蒸気大気」におおわれたことを知った。この「水蒸気大気」は、現在の大気の成分である窒素やアルゴン等も含むが、それに加えて膨大な量の水蒸気を含むものだった。これら水蒸気、窒素、アルゴン等は、地球を形成した鉱物からの「脱ガス」によって生じたものである。先に述べたように原始地球をおおったこの「水蒸気大気」こそ、聖書の創世記1章2節で言われている原始地球の「大いなる水」のことであろう。

「はじめに神が天と地を創造した。地は形がなく、何もなかった。やみが大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を動いていた」(創世記:1.1~2)
 この水蒸気大気すなわち「大いなる水」は、聖書によれば創造第2日になって、「大空の上にある水」「大空」「大空の下にある水」の三つに分かれた。

「神は『大空よ。水の間にあれ。水と水との間に区別があるように』と仰せられた。こうして神は大空を造り、大空の下にある水と、大空の上にある水とを区別された。するとそのようになった。……第2日」(創世記:1.6~8)
「大空」は大気、「大空の下にある水」は海洋のことである。では「大空の上にある水」とは何か。最近、世界的に増えている創造論者らは、「大空の上にある水」とは、ノアの大洪水以前の地球の上空に存在していた「水蒸気層」(Water vapor canopy)のことだと考えている。ICR(創造調査研究所)総主事(現・名誉総裁)であり、また米国ミネソタ大学の水力学教授でもある創造論者ヘンリー・M・モリス博士は、こう述べている。

「上の水は、現在空中に浮かんでいる雲とは異なります。聖書は、大空の上にあったと言っています。・・・・・『大空の上の水は(地球の上空に)広大な水蒸気層を形成し、さらに空間へと広がっていたことでしょう」
 昔、地球の上空に、膨大な量の水蒸気からなる「水蒸気層」が存在していたというのである。そしてこの水蒸気層が、ノアの時代になって「四十日四十夜」の大雨となり、世界に大洪水をもたらすものとなったと創造論者は考えている。「ノアの大洪水については後述するが、創造論者はこれは事実、過去の地球に起こったものであると考えている。多くの科学的証拠は、地球の過去に、聖書に記されたような世界的大洪水による激変があったことを物語っているのである。
 さて創造論にとって、かつて地球の上空にあったとされるこの「水蒸気層の存在は、一つの柱ともなる重要な概念である。これから見ていくように水蒸気層の存在により、かつて地球の歴史の中で謎とされていた多くの事柄が、明快に解明されるようになるのである。創造論とは何か。以下、その考え方を見ていくことにしよう。

http://www.ne.jp/asahi/seven/angels/daikouzui.htm

創造科学というブログで発見しました。

上空に水蒸気の層があったんだって、それが、雨となって落ちてきた、
それが原因で、洪水になり、水が引いて、海水面が上昇した。
本とかね”?? うそだろう” とても”信じられん
水蒸気の層” これは、原始地球のすがたで、出来たときに残った層? あら”相なの?
私は、大陸が沈んだから、津波になって、このときに”大雨に成った
この方が、納得するけどね
違いは、水蒸気の層が落ちてきたならば、ノアの洪水は2度と起きない
大陸の浮上説は、繰り返し起こる
 つまり、恐竜が滅んだ、原人が消えた、縄文人が神隠しにあった。
これらは、同じ原因で消えた、
そこに<常に、歴史の断層がある
主の交代劇が繰り返されるが、良いこともある
生き残った種族は、だんだん”賢くなっていく
 当然だ”!
どんな大きな災害があろうとも、運の良い奴と賢い者は生き残る、
運の良い奴は自分だけ、賢い者は、両手に家族の手を引いている
ノアがそうだった、ように
[PR]
by tetu-jinn | 2012-01-10 09:04 | 謎の大陸”アトランティスとムー

旧約聖書のノアの箱船

ブログランキング・にほんブログ村へ

a0135700_043418.jpg

旧約聖書の中に、ノアの箱船の話がある
この話も、物理学的に、理論的の追求すると、「つじつま」があわない
ま~~愛嬌” 絵にもかけない美しさ・・てあるじゃない
これは、スケ~ルが大きすぎる
つまり、すべての動物を一対乗せたのだ”
たとえれば、動物園にいる動物を集めて乗せる
ヒマラヤの山中に、残った「箱舟の遺跡」小さすぎる

今で言えば、100万トンのタンカーが10隻は必要””
あの小ささでは、無理だよね”

でも、昔はそれでよかった”
宗教は、金儲けではなかった、信者から得る物はなかった
現在は違う、宗教は金儲け、収入がなければ、宗教も倒産する
時代が、はっきり変わっているが、過去から未来に住む人間に子孫に警告を発している
過去にあった、自然現象は、必ず繰り返して襲ってくると・・・
天才は、忘れたころにやってくると

沈んだムー大陸、みんな”もう”とっくに”” 忘れてるよね~~~
マヤの暦が、思い出させてくれたのかも
[PR]
by tetu-jinn | 2012-01-08 00:05 | 謎の大陸”アトランティスとムー



古の昔に沈んだ大陸ムーは、再び”浮上"していた。その名はアメリカ大陸という!そして、また、沈下する日が近づいてきた!ノアの洪水が襲ってくる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
以前の記事
タグ
メモ帳
ライフログ
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧