今年のスローガン!! ムー大陸は、浮上して、アメリカ大陸と名前が変わった事を知ってもらう

地震のバイブルは、材料力学の分野だ!!

材料力学
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: メニュー, 検索
材料力学(ざいりょうりきがく、Strength of Materials)は、力学の一分野であるが、物体の運動について扱うことは無く、静止した構造材に負荷を加えたときの変形、そして破壊の原理を研究する学問である。あらゆる構造材につき力学的解析を図る点で、建築学における構造力学と似ているが、材料力学では、建築物のみならず、動作環境・形状等、より複雑な機械構成物全てについて研究対象とする点で構造力学よりも扱う対象が広い。また、対象材料毎に破壊挙動等を研究する材料工学とも異なり、あらゆる固体材料につき、等質等方性とみなし、引っ張り・圧縮・曲げ・ねじり・などの外力に対する統一的な力学挙動を解明する。機械設計上、安全設計を実現するうえで、もっとも重要な学問として、機械工学科のカリキュラムに位置付ける大学・高専・工業高校が多い。

a0135700_5561473.jpg

材料力学基礎および演習 
物体に力が作用した時に、物体がどのように応力を受け、どのように変形するかを扱うのが「材料力学」である.物体に作用する力を正確に表記することを学修した上で、弾性変形の範囲内で、物体の変形に関する基礎事項を網羅する.将来、機械工学分野を目指す人はもとより、他分野を目指す人にも共通する基礎的事項を学修することを目的とするが、単に数式だけを追うのではなく、身の回りの具体的な事象との関連性を把握できるよう、演習時間には簡単な実験を通して、実際の現象と理論とが乖離しないよう心がけながら、講義と演習を進める。
授業の達成目標
この授業科目終了時において達成すべき重要な目標は次の事項である。
①物体に作用する力を正確に図示できるようにする。
②力および力のモーメントの静的つりあい状態を理解し、式で表せるようにする。
③弾性変形における応力とひずみの関係を理解する。
④丸棒のねじりにおける「せん断応力」と「せん断ひずみ」を理解する。
⑤はりの曲げにおける「せん断力図」と「曲げモーメント図」を正確に描けるようにする。
⑥はりの曲げにおける「曲げ応力」と「たわみ」を計算できるようにする。
⑦物体の任意の断面上の発生する応力を正確に記述できるようにする。
⑧実用上も重要な「長柱の座屈」,「ひずみエネルギー」,「応力集中」の概念を理解し、簡単な問題は解析できるようにする。
1 自由物体図
材料力学を学ぶ上で、物体に作用する力を正確に記述できることが重要である。
そのために有用な自由物体図を学修する。
2 自由物体図
物体と物体が接した点や、物体の運動を拘束した際に発生する「抗力」について学修し、
自由物体図中に表現できるようにする。
3 力のつりあい,力のモーメントのつりあい
物体が動かない状態を「つりあい」状態という。3次元物体の力のつりあいと力のモーメントの
つりあいを理解し、式で表せるようにする。
4 1章 棒材の引張(1)
引張応力と引張ひずみ、せん断応力とせん断ひずみ、応力とひずみの関係(フックの法則)を学ぶ。
1章 棒材の引張
2章 棒材のねじり
接触応力と許容応力の概念を学ぶ。
ねじりモーメント(トルク)とせん断応力・せん断ひずみの関係について学び、
中実丸棒と中空丸棒のねじり問題の相違点を議論する。2.1節~2.3節
3章 はりの曲げ
はりの支持方法と荷重のかかり方を学んだ上で、せん断力図と曲げモーメント図を理解し、
描けるようにする。
3章 はりの曲げ
はりの断面2次モーメントと断面係数を学び、
基本的な形状のはりの曲げ応力とせん断応力の求め方を学ぶ。
3章 はりの曲げ
基本的なはりのたわみの求め方を学ぶ。
3章 はりの曲げ
基本的なはりのたわみの求め方を学ぶ。
4章 組合せ応力(1)
物体の任意の断面における力のつりあいをもとに、垂直応力とせん断応力の求め方を学ぶ。
4章 組合せ応力(2)
5章 材料力学,その他の話題
座標変換によって、垂直応力とせん断応力の割合が変化することを学んだ上で、
主応力と主せん断応力の概念と求め方を学ぶ。
座屈の概念を理解した上で、「長柱の座屈」が発生するための限界荷重の求め方を学ぶ。5.1節
5章 材料力学,その他の話題
外力を受けた物体が変形する際に蓄えられるひずみエネルギーの基礎と簡単な適用例について学ぶ。
5章 材料力学,その他の話題
各種形状の「穴」や「切欠き」に関して、応力集中の一般的傾向について学ぶ。5.4節
5章 材料力学,その他の話題
材料の変形のしやすさは、個々の材料の性質(ヤング率,ポアソン比など)に依存し、壊れやすさは材料の強度に依存する。各種材料の強度,特に「疲労」について概説する。 「力学1および演習」および「力学2」の知識は必須である。


上記は材料力学の分野の力学Ⅰの分野です。(准教授 上野 明氏の引用)
建築・土木・機械工学学科で学び・・この産業の{バイブル}です。
産業にとっては日本国憲法以上の重さがあります。
憲法は変えられますが、力学は永久の変えられないからです。
”真実は一つだから”
地震学を研究してる学者先生は、この分野の力学を学んでいないんでしょうね。
ご存じのように、力学の分野とすそ野は広い・・いや広すぎる。
その中で、この力学が”一番実用化”してる分野ではないかと思います。
簡単で、単純で、当たり前のことで、誰にでも理解できる・・学問だからです。
量子力学・・なんて・・物理学なの?と私は疑問を持ってます・・
力学の名を借りた・・数学ではないのと・量子力学さっぱりわかりません
私は、学者ではありませんから、実用化したものだけを学んでますから・・

プレートの漫画の図はこの分野の力学に、矛盾が現れてます。
プレートが湾曲(への字になった部分)するには、この地点で、
プレートの厚みの中心を起点に、丈夫に引っ張り(伸び)下部に(縮小)が生じた
地点と端部に力が加わり、曲げモーメントが生じたからまがった
物理学の常識は世界共通の言語です
このプレートは軟鋼のように曲がる物なの・・岩盤ではなかったの?
岩盤は曲がりません。ひびが入り割れるはず・・・
まして!”湾曲しながら沈み込むことは不可能です””



断面図は、書きやすい場所を選んで書くが・・・
都合の悪い場所は書かん””

それに””岩盤が反動で動く? そんな馬鹿な” ゴムじゃないよ”
反動で、ばねみたいな動きをするわけがない・・・ばかばかしい
マンガだから書けるが・・実験して見せてみろ!! 
応援ぽち一票願います

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ
にほんブログ村

もう一つのブログ
まだ”早いのか”政治家を入れ替えるのは
[PR]
by tetu-jinn | 2009-08-22 06:12
<<  第 1 地震の発見5 地震は力学だ  第 41話地震は力学だ! ”... >>



古の昔に沈んだ大陸ムーは、再び”浮上"していた。その名はアメリカ大陸という!そして、また、沈下する日が近づいてきた!ノアの洪水が襲ってくる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
以前の記事
タグ
メモ帳
ライフログ
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧